ブラックコーヒーが苦手な方

未分類

「コーヒーは好きだけど、ブラックは苦くて飲めない」という人は多いのではないでしょうか。牛乳はコーヒーに入れると苦みを緩和させるだけではなく、胃の保護や免疫力アップなどの健康面にも良い影響を与えるため、苦味が苦手な方は一緒に飲むことをお勧めします。

カフェでコーヒーを頼むと出てくるミルクは牛乳じゃない

カフェでコーヒーと一緒に出てくるミルクは地域によって呼び名が異なり、「コーヒーフレッシュ」または「ポーションミルク」と呼ばれることもあります。

ミルクは牛乳のように鮮度を保つ必要がないことや、常温で保存できて個包装で扱いやすいため、一気に人気が広まったといわれているのです。

健康面を考えるとミルクではなくて牛乳の方が良い

ミルクの主な原料である植物性油脂は、日常的に多く取ってしまうと体に悪影響を及ぼすといわれている「トランス脂肪酸」が含まれているため、たくさん摂取するのは体によくありません。

一方牛乳には貧血や不眠の予防、腸の働きを整えるなど、さまざまな働きが期待できます。そのためミルクより管理しにくくはなりますが、健康面を考えるなら牛乳を入れてコーヒーを飲みましょう。

コーヒーに牛乳を入れると期待できる効果

コーヒーに牛乳を入れると苦みを緩和するだけではなく、「胃の粘膜の保護」「二日酔いの緩和」「免疫力アップ」の3つの効果も期待できます。

空腹時にコーヒーを飲むときの胃のカバーをしてくれる

コーヒーは胃液の分泌を促す働きがあるため、胃に負担がかかりやすく、空腹時に飲むときや胃腸が弱い人が飲むときは注意が必要です。

牛乳は胃の粘膜を保護する働きがあり、コーヒーのデメリットである胃への負担を減らせる役割があるため、空腹時にコーヒーを飲む際は牛乳を入れるとよいでしょう。

二日酔いを和らげてくれる効果が期待できる

コーヒーに含まれるカフェインの働きによって頭痛を和らげたり、利尿作用でアルコールを体外へ排出しやすくなったりと、二日酔いの症状を緩和しやすくなります。

また牛乳に含まれる「セロトニン」は血管収縮作用があるため頭痛に効果があったり、気持ちを落ち着かせる働きがあったりと二日酔いにおすすめの飲み物です。

二日酔いは胃が弱っている状態なので、コーヒー単体だと胃への負担も大きくなりますが、牛乳を混ぜることで胃を守りながらこれらの効果を得られるのです。

牛乳にはアルコールを分解する効果はありませんが、牛乳に含まれるたんぱく質がアルコールを分解するために働く肝臓を助ける役割があり、結果的に二日酔いを和らげることにつながります。

二日酔いになったときは牛乳入りのコーヒーを飲んで、ゆっくりと体を休めましょう。

コーヒーに牛乳を入れて健康面にも配慮しよう

コーヒーに牛乳を入れて飲むことで得られる効果は、苦味を緩和する以外にも、胃の粘膜の保護や二日酔いの緩和、免疫力アップがあります。コーヒーを楽しみながら、健康にもいい影響があるのは嬉しいと感じる人も多いでしょう。

自宅でコーヒーを飲む際はコーヒーの香りや味わいを楽しむだけではなく、牛乳を入れて風味の変化を楽しむのもおすすめです。自分の好みに合わせたコーヒーを作り、自分好みのリラックスタイムをおくってみませんか?

コメント